婚約指輪の相場はどれくらいでしょう

一般的に多い金額はどれくらい?

婚約指輪を贈る時にまず悩んでしまうのは金額でしょう。デザインを選ぶのも難しいですが、予算をいくらにするかも迷うところではないでしょうか。近年の婚約指輪の平均的な金額は30万円前後と言われています。価格帯では20万円~40万円の間が多い傾向です。低い方では10万円前後、高いものは100万円以上という人も少数派ながらみられます。婚約指輪は使っている地金やストーンの種類とカラット数に応じて金額は変わります。10万前後のものだと平均に比べて安いイメージを持つかもしれませんが、ストーンのないものなら決して安いものではありません。近年は結婚後もつけやすいシンプルなものが好まれており、ストーンも小さめのものが主流になりつつあるのも手頃な価格帯が増えている理由と考えられます。

自分の収入に合った目安を知る方法は?

相場を押さえたところで、自分はどれくらいのものを購入したらいいか簡単には判断できないと思います。婚約指輪の金額を決める目安に給料の3ヶ月分という言葉がありましたが、近年はなかなかそこまで出せない人は多いでしょう。経済的な事情だけでなく、挙式や旅行など違うことにお金をかけたいカップルが増えているのも理由ではないでしょうか。さまざまな予算も考慮しながら自分に合った婚約指輪の相場を出すには、やはり給料を基準にすると決められます。上の項目で説明した平均金額は結婚適齢期の男性の平均給与に相当します。つまり、自分の給与の1ヶ月分を目安にするのが妥当ということですね。それを元にイメージして無理のない金額で決めましょう。